TLI第4講 課題図書「シンクロニシティ マネジメント」感想

 

 

f:id:kinkindow771:20181019071946j:plain

 ついに新しい時代がきたのかと思える本だと思う。

物質中心の時代から精神の時代へ。

物をマネジメントする時代から精神をマネジメントする。

そのほうが思うような人生を生きてゆける。

それを確信できる本だと思う。

 

 

時間でも、人でもなく、お金でもなく、「偶然」をマネジメントすれば、真に臨む「未来」にたどりつける。

 

この文章を読んだだけでもワクワクします。

 

ちなみに、シンクロ二シティとは?

「意味のある偶然の一致」という意味です。

 

偶然はいつでもあなたのそばにいます。

 

それをどうマネジメントするのかが問われるのです。

 

 

シンクロマネジメントの基本はあくまでも、「本当の自分であること」

まず自分自身とつながること。

まず自分が満たされていないと、会いたい人につながらないし

本当にやりたいことがみつからない。

 

 

 じゃどうやって 自分(魂)とつながってゆくかです?

マネジメント3つのステップアップ

 ステップ1

体の感覚を目覚めさせて自分とつながる。

  今の自分の「好き・快」を徹底的に追求する。

本来の感情や五感を取り戻す。

 

ステップ2

心の感覚を目覚めさせて、周りとつながる。

 

それには仮面を外すこと。

勇気を出して素の自分を出す。

私の体験。自己否定からの脱却

多くは母親からの脱却になってくると思います。この本にも書いてあるのですが

母を喜ばせたいから、期待にこたえたくて本当にやりたいことを抑えるようになってしまった。自分にとってはつらかったり、しんどかったりすることでも受け入れてしまうのです。そして、両親の期待に応えられない自分を否定してしまうのです、と。

 

このことは実感としてわかる。小さい時からの感情はなかなか消えない。

過去にさかのぼって自分と相対してはじめてわかるものがある。母を尊敬していたこと

だからこそ期待に応えようと頑張る。

しかし母はもういない。頑張る必要もない。

小さい自分に気づいて、自分を取り戻し、母に別れを告げる。

この体験だけでも自分を取り戻せたと思います。

 

 ステップ3

魂の感覚を目覚めさせて、流れとつながる。

魂の感覚とは?

この世界は自分も他者もいない、ノン・デユアリティ「ひとつの意識」

だけの世界だということを知る。

魂が決めてきた「人生の設計図」(使命)を生きる

以上簡単に内容をまとめたが、

 

 ・この本で学んだこと

後半に、「使命の本当の意味」が書かれていますが、

少し想定外でした。

 

使命は探すものではない。

 

今を生きること。

 

今に反応すること。

 

今に生きること。

 

そこにときめきを

 

感じられるかどうか。

 

ただ、この地球を楽しみにきた。

 

あなたが生きていることそのものが、使命であり、

 

ミッションです。

 

いまの体験を味わうことが、あなたの使命です。

と著者は話してます。

 

私は改めて「今を生きる」という言葉の意味の深さを知りました。

私自信が、空っぽになった時(宇宙を信頼した時)、インスピレーションが生まれ、シンクロが生まれ、知識に凝り固まった自分ではなく、安らぎの自分に出会える気がしました。

 

 私の使命はもしかすると

人を勇気づけること。

元気にすること。

が私の使命なのかな!。と

ふと思った。

 

これまで、デザイン、書アート、読書で

 

何らかの影響を与えてきたこと。

 

この本で学んだインスピレーションで

 

それをもっと大きく進化させてみようと思う。

 

まずは今を生きる。

そして、今、できることをしよう!

そして未来の自分に会いたい!。

 

 

書評/映画を見ると得をする! 著者・池波正太郎

 

f:id:kinkindow771:20181014075817j:plain

映画は小学校の頃から見ていた。

 

この本と出合ってからホントに映画が好きになっていった。

 

出合ったのは高校生の頃だったのだろうか!

 

これまではなんとなく見ていたが、この本の

 

おかげでいろんな映画をみるようになった。

 

映画を見る一番の理由はこれだ。

 

映画を観るということは「いくつもの人生を見る」

ということだ。

自分一人だけの人生というだけではさびしい。と作者は

述べています。

 

私もそう思う。

 

自分一人だけの人生。

 

ちっぽけな人生。

 

あまりにもさびしい。

 

豊かな人生を送りたい。

 

 

この言葉で私は映画好きになった。

 

 

映画を観ると得をする。

 

いくつか書いてみよう。

 

・いろんな国の歴史・文化を知ることができる。

・センスが良くなる。洗練されてくる。

・映画は総合芸術、絵画・彫刻・建築・美術・音楽、いろんな

ものが含まれている。

 ・鑑賞力がついてくる!

 

映画は面白い、楽しい、そして心が豊かになれる!

味発見の旅!

沖縄そばは多彩だ!

個性がありすぎて何を食べるか迷うぐらいだ。

 

 

f:id:kinkindow771:20181012221851j:plain

以前、そばの食べ歩きをしていた。

麺の種類、だしの種類、さまざまだ。個性が

あふれていた。

しかし、ここ2か年糖質制限で食べなくなってしまった。

しばらく食の快楽から遠ざかっていたが、少し

ゆるくすることにした。

完璧に,食を選ぶのは、もったいないような気がする。

 

職人が独自に鍛え上げた味覚は、時には生きる希望を

与えるものだ。

そんな味に出会えるかもしれない。と心うきうきして

味発見の旅にでることにした。

 

 

 

 

失われた第4講プレゼン 感想

もう逃げられない!そんな気がした。

 

なんてこった!

 

動画をとらないといけなくなった。

 

 

 「はじめての動画」の発端は、台風から始まった。

 

台風25号」が動画を撮るハメになったのだ。

 

 

TLI第3講まで台風の問題は、つなわたり状態だったがうまく乗り切れていた。

 

(夏場の沖縄から東京までの往復は台風というリスクがある)

 

運がいいんだなーと思っていた。

 

しかし、TLI第4講が始まる前に台風24号が去って安心していたのに

 

 

いつのまにか台風25号が発生した。

 

 

予報をみてびっくり!

 

出発が5日。

 

5日に台風最接近の予報がでていた。

 

あり得なーい。

 

気を取り直して、4日だ。4日の状況を調べてみよう。

 

空港に問い合わせてみる。

 

4日だとぎりぎり大丈夫ではないか。

聞いたら、4日の20時発が空いていたので、即5日から4日に変更した。

 

しかし判断が甘かった。

 

3日が乗れる、出発できる最低ラインだったのだ。

 

3日だと2日も会社を休んでしまう。2日も休めない。

 

致し方なくあきらめた。

 

これで第4講のTLIの受講ができないことになってしまった。

 

 

 あきらめてタチさんに報告。

 

タチさんが、動画撮ってくれないですか?

えーーーー。ーーーー。-----。

 

動画ですか?

 

はじめてだし、全然自信なーーーい!

 

 

いや待てよ!

 

これは何かある。

 

安全策を講じても、運に見放されてしまったのだ。

 

これは、「見放されたとみるか?」

 

「それとも何か意味がある」

 

そう思った。

 

 チャレンジしよう。

 

自分と向き合うしかない。

 

できそうな事はチャレンジしてきた。

 

しかし今回はもっとも苦手なもの。

 

 最初はとまどうばかり!

 

 

 何度か練習したが、疲れてきた。感情が保てない。

 

途中で止まってしまう。

 

思い切って最後まで通す気持ちでやらないとだめだ。

 

 

 

 自分と向き合う!

 

 

 動画は逃げも隠れもできないものだと思った。

 

全てがでてくる。

 

ホントに素をだす気持ちでやらないと途中でこけてしまう。

 

こけてもいいのだ。

 

これがお前なのだから。

 

そこからはじまるのだ。

 

 自分からし か学べないものがある。

 

 動画から学んだもの。

 

自己開示。

 

みんなが喜んだ。

 

涙がでる。

 

うれし涙だ。

 

心を開くと相手も心を開くのか。

 

相手も本当のことを話してくれる。

 

ゆっこちゃんのメッセージは響いた。

 

めちゃくちゃ響いた。

 

とくに

 

見つけて!

 

涙が止まらない。

 

これはもう会いにゆくしかない。

 

0~3歳の自分に会いにゆくしかないと思った。

 

 

 

きくさんのカウンセリングを受けることにした。

きっかけは動画。

 

動画で自分と向き合った。

 

動画での自分のジレンマを見逃さなかった彼女がいた。

 

その彼女のおかげでさらに前に進むことができた。

 

「見つけて!」

 

気のせいではなかった。

 

「見つけて!」

 

 

それから、しばらくすると、私の頭のなかは遠ーい昔にいた。

 

ベッドの横で泣いている母の声がする。

 

何で泣いているのだろう。

 

ベッドの上には父が眠っている。

 

父は盲腸で長期入院していたらしい。

 

私は母のお腹にいたのか、乳飲み子だったのかはわからない。

 

しかし母はまだ若く、これからどうして生きてゆけばいいのか悲嘆

にくれていたのではないか。

 

記憶は定かではなない。

 

叔母から聞いた話では、

 

トモミを泣かすな!

 

母の父親はそう言っていたらしい。

 

二十歳そこらだった母は貧乏と夫の病気で子供を育てるどころではなかったのだろう。

 

きくさんのカウンセリング

 

母親との関係が浮かび上がる。

 

母は頭がよく口八丁手八丁。

 

なんでもできた。

 

尊敬していた。

 

母からのプレッシャー。

 

母によくみせたい。

 

よく思われたい。

 

それがプレッシャーになっている。

 

できない自分が怖い。

 

なぜか力を発揮できない。

 

母を失うのが怖かった。

 

そういう存在。

 

しかし母はもういない。

 

いつまでも「母という病」にかかっている場合ではない。

 

いつも違和感を感じていた。

 

なんとかしなくてはと思っていたが、どうしていいのかわからなかった。

 

それをきくさんのカウンセリングで気づけた。

 

仲間のメッセージで気づき、仲間のカウンセリングでさらに気づきを得る。

 

なんてことだろう。

 

想定外のことが起こってしまった第4講でした。

 

それが人生。かも!

 

 

 

 

 

 

 

 

TLI第3講 課題本「ソース」の感想文

 

 才能よりもワクワク!

 

 f:id:kinkindow771:20180929142058j:plain

 

 やる気だとか、能力・才能は関係なくワクワクが何よりも優先する

ということが書かれており肩の力がぬけたような気がしました。

今まで自分の才能はどこにあるのだろうと探しつづけてきたことは

何だったんだろう。

「ウェルダイナミクスのプロファイル」とか「さあ才能に目覚めよう」とか

テストを受けても才能を探すことはできなかったので納得です。

ワクワクというのは、もう理屈を超えたものだと思いました。

屁理屈なんかならべないで、心に従うものだと思いました。

 

理屈に頼っていてもソースにはたどり着かない、自分ががやりたいと思う事こそ

ソースという奇跡の泉にたどりつけるのです。

 

ソースの要

ソースの要は2つある、「あなたの存在意義」(価値観)と「ソースの車輪」(行動指針)

この2つが噛み合うことによってバランスよく実行できるものです。

1.あなたの存在意義(価値観・考え方)

私らしさを表現する短い声明文(あなたは何故生きているのか?)を考えて見ました。

「想像力・デザイン・運動・食事(栄養)・映画・読書・身体・睡眠・自然・精神」の

キーワードから導き出した「 私の存在意義」は

◆「新しい概念を創り出し社会に貢献する、または平和に貢献する!」です。

 

私は何か新しいものを生み出すことにワクワクします。

 

既成概念に捉われず新しいものを生み出したい!

 

2.「ソースの車輪」(行動指針)

自分・家族・友人知人・学ぶこと・社会との関わり・社会貢献・社交・

レジャー・体の健康・心の健康・財政の10項目からなっています。

ここの詳細は省略します。

 

ソースの車輪の中に10項目が書かれていて、その中にワクワクの内容

を書き、中心に「存在意義」を書くことによって全体を把握することができ

るようになります。

 

この本を読んでの気づき

・ワクワクはバランスが大事、そしてぜんぶ同時実行する。これはワクワクにたいしての意外な発見でした。

 

・私の存在意義を確認できた。明確に文章化することは重要だと思った。

・ソースって潜在意識のことなのかなと思いました。

 目標とか、才能とかというのは左脳的な考え方、右脳というのは

 理屈じゃないんだという事を再認識した。

 

まとめ

存在意義は使命感、ビジョンと言ってもいいと思う。

実際にソースの車輪を作って「見える化」してワクワクを実行してゆこうと思います。

 

 

 

沖縄の空

f:id:kinkindow771:20180926210700j:plain

 

 

「僕が生まれたこの島の空を、僕はどれくらい知っているんだろう!」

このフレーズは

言わずと知れた「BEGINの歌、島人ぬ宝の最初のフレーズです」

 

僕は自分の生まれた空をどれくらい知っているのだろう?

 

そうなんです。僕は島の空をあんまり知ってなかったんです。

 

輝く星も、流れる雲も、なーんにも知ってなかったんです。

 

それに気づいたのは、TLIの仲間のブログから知りました。

 

それは山梨の空でした。

 

空ってこんなにきれいだったっけ!

 

山梨の空は澄みきっていてどこまでも大きかった。

 

へーこんなにきれいな空があるのか!

 

こんなに空をきれいに切り取ることができるんだ!

 

すごく新鮮な気持にさせられました。

 

それから空をずーっと沖縄の空を見上げていました。

 

沖縄の空ってなんなんだろう!

 

島んちゅの宝ってなんなんだろう!

 

そう考えながら

 

沖縄の空を切り取ってみました。

 

 

f:id:kinkindow771:20180926210748j:plain

 

 

 

f:id:kinkindow771:20180926210832j:plain

 

 

 

 

f:id:kinkindow771:20180926211036j:plain

 

 

 

 

 

f:id:kinkindow771:20180926211103j:plain

 

 

 

 

f:id:kinkindow771:20180926211211j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:kinkindow771:20180926211237j:plain

 

 

 

 

 

空は天才!

 

空は毎日、毎日いろんな表現をしてくれる。

 

怒ったり、泣いたり、笑ったり、踊ったり

 

まるで人間みたいですね!

それだけで自然は美しい!

 

沖縄には沖縄の顔がある。

 

島の顔がある。

 

空・海・空気・星すべてが沖縄を彩っている!

 

 

また沖縄の空を切り取ってみたいと思います。